フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の9件の記事

2005/10/30

久しぶりに「眠らない街」

味スタの東京VSG大阪に行ってきました。
まずは、久しぶりに東京の勝ち試合に立ち会えてうれしかったです。「眠らない街」やっと歌えました。1日で順位もヒトケタに戻りましたねえ。清水戦以来、7試合負けなしではありませんか。

しょっぱなにシジクレイに決められちゃったときは一瞬ヒヤッとしましたが、良くある「前半0-0でまったり進行」にならないための香辛料だ!と思うようにしました。
しかし、その後はボールはほとんど東京の手の中にあり、ユータと今ちゃんのシュートで勝利。G大阪の攻撃を抑えていくのを観るのはホントに興奮しました。
今日は今ちゃんの動きが良かったなあ。いろいろなところに出没して大活躍。前半のPKで、シジクレイか遠藤(いや、別の人か?記憶が定かでない)がボールをけった後、壁からすばやくさーっと抜けてボールに向かっていったのが印象的でした。試合終了後の客席まで近づいて軽く手を上げて去っていったのもイイ!!

さあ、リーグ戦の残り5試合もがんばって応援するぞー。(天皇杯とアントラーズ戦以外は出席予定)

2005/10/29

Suicaのペンギン

051028_2230001.jpg
モ・二・○コールをしているように見えてしまう今日この頃。

2005/10/23

与那国で、少々ハードなサイクリング後編

与那国旅行記、記憶が薄れないうちに続けます。

与那国滞在の最終日、起きてみると快晴。心配していた筋肉痛もストレッチとヨコヨコのおかげで?ありませんでした。そんなわけで、この日は島の東半分のサイクリングに挑戦してみることにしました。
朝食をとったあと、与那国ホンダさんで自転車を借りて出発。再び変速ギアつきママチャリです。本日のルートは、祖納→立神岩→サンニヌ台→東崎→祖納で午前中に回ります。

まずは祖納の街中を走っていきますが、与那国測候所を抜けたあたりから建物の姿を見かけなくなります。広大な造成地風の場所を抜け、ゆるいけど長い坂道を自転車で上がっていきます。結構きつい(泣)。坂の途中で同じく自転車で回っているらしき旅行者の方にすれ違い、軽く会釈をして別れました。そういえば、2日間で自転車に乗って回っている人に出会ったのは、この方お一人でした。原付かレンタカーじゃないと確かにきついです、はい。

坂を上りきって海の見える場所に着いたものの、見えるのは東崎。。。最初に目指す立神岩展望所とは反対方向に来てしまった模様。トホホ。とりあえず今来た坂を引き返し始めました。すると、向かい側から来た車がクラクションを鳴らすので見てみると、はいどなんで一緒だった女性二人組でした。彼女たちに道を聞き、立神岩展望所へ向かいます。危うく道に迷うところだったので助かりました。

DSC02230で、何とか立神岩展望所に到着。東屋があったので、しばしの休憩を取りました。海のど真ん中にそびえているのが立神岩です。ちなみにこの時点でかなり汗をかいていたのですが、前の日に引き続き着用していたドイツの某サッカーチームのレプリカユニは汗もすぐに乾き、快適に過ごせました。

DSC02236続いて向かったのがサンニヌ台。ここも、軍艦岩とかワイルドな風景が楽しめます。駐車場の脇に「琉球の風 啓泰・亜紀結婚の地」をいう碑を発見。なつかしいですねえ。このあたりの岩場は結構急で風も強かったので、慎重に歩いて見晴らしの良い場所に向かいました。断層を見て、久しぶりに高校の地学の時間を思い出しました(笑)。

DSC02242最後の目的地が島の東のはしっこ、東崎。空も海もまっさおです!!!このころには坂道のアップダウンの繰り返しの中を走ってきたのでへろへろでしたが、写真の通りの素晴らしい風景を見て元気になりました。この後、ずっと海沿いの道を走って行きましたが、海の色と草の緑が目の保養になりました。途中ですれ違ったバイクで移動中の旅行者とも、お互いに「いい景色ですねえ!!」と言って別れました。

この後、浦野の墓地を通り過ぎ、祖納の町に到着しました。2日かけて、与那国の道の7割ぐらいを走ったでしょうか。かなりの充実感です。車もあんまり走っていなかったので自転車に乗りなれていない私でも何とか走れました。あー、でも原付にも乗れるようになろう。

昼食は、祖納のどんぐりと山猫さんでいただく。ここはメニューが豊富でどれにするか悩みましたが、スタミナ補給のために「とんしゃぶ定食」にしてみました。なんとここでも先ほど立神岩に行く途中に出会った女性二人組に再開しました。向こうも私のサンダルが入り口にあるのを見てもしや?と思ったとのこと。島の旅をしていると、行き先も限られるせいかこういう風に何度も同じ人に出会うことが良くあるんですよね。

2005/10/22

順位ヒトケタだよー

今週は島根遠征などで忙しかったので、今日の東京対ベルディは結局自宅で観戦してました。

外出先から戻ると、1-0で負けている。
しかし最近は後半から調子が出てくるからあきらめちゃいかん、と希望を持ちつつ観戦。
そうしたら、梶山が1点決めてくれた。片手でガッツポーズ。
続いてロスタイムに、ササ先生が狭い空間を突いてシャープなシュート。(ササ先生、ちょっと伸ばしてる髪の毛に飾りつけてませんか?)ここで万歳三唱。
ああ、勝ち点ゲットですよ(泣)。暫定順位もヒトケタですよ。

今夜は安心してぐっすり眠れます。


日本海側デビュー

今週の水、木と所用で島根県と鳥取県に行ってまいりました。実は、日本海側に行くのは初めてなのでした。弓ヶ浜という浜辺から日本海をちらりと目撃。感無量でした(泣)。

境港市で食事をしたのですが、魚が実においしかったです。御食事処弓ヶ浜のアジのたたき丼は新鮮なアジがご飯の上にたくさん載っているのですが、生臭さもなくさらりといただけました。案内してくださった方のお話だと、大阪あたりからバスツアーでこのあたりに魚を買いに来るとのこと。東京における新潟あたりの漁港のような場所なんですね。

他にも空港で買った米屋吾左衛門のさば寿司や、わたなべ牧場の卵の味の濃いプリンなどおいしい食べ物に出会えました。このあたり、結構おいしいものスポットかもしれません。

そうそう、帰りに乗った全日空機、愛・地球博のロゴとモリゾー・キッコロの絵がペイントされてました。閉幕からもう1ヶ月、意外なところでモリコロに出会えました。

2005/10/16

川崎駅で。

習い事の発表会があったので、会場に近いJR川崎駅を約1年ぶりに利用しました。

駅の中や駅前には、川崎フロンターレのマスコット、フロン太君のフラッグやポスターがちらほら。これは、1年前には見なかった風景です。
ちなみに駅の中のフロン太君ポスターは、帰りには次の試合のポスターに変わってました。そのキャッチフレーズがよかったなあ。「日本代表対決」。で、その下に箕輪と玉田の写真が並べられてるデザイン。
そうだそうだ、箕輪はこの前のウクライナ戦で代表の試合にも出たんだよね!
行く先々でサッカーな光景が見られるのはうれしいものだ。

フロンターレはこの前のオレンジを飲み干せ!作戦も良かったなあ。ほんとにオレンジのチーム飲み干しちゃいましたね。そうそう、フォワードの我那覇は沖縄出身だ!!

習い事の発表会は、2年ほどのブランクを経ての参加。いろいろ考え込んじゃって休んでたんだけど、久しぶりにやってみるとやっぱり楽しいです。一緒に習っている友人たちに久しぶりに会えて元気も出ました。感謝感謝。

久しぶりにエントリー

久しぶりのエントリーでございます。Blog Petちゃんの書き込みが2回連続になってしまった。ここ数週間、猛烈に忙しかったんです。

昨日は味スタに行ってきました。SOCIOデーのお出迎え、メインゲートはリチェーリ君と迫井さんでした。DVDの予約をし忘れてたんだけど、私が行った時にはすでに売り切れでした(泣)。

DSC02446今回の席は、いつもと違ってメインスタンドの前方。普段と違った角度で観戦していて、最初は違和感があったのですがだんだん慣れてきました。ピッチから選手の声が聞こえてくるのがやっぱりイイ!あと、あのモニ○コール、向かい側から見るとすごい迫力ですねえ。

前半は、試合が私の席の前方(センターラインより向かって左より)で繰り広げられていたような。東京、もっと前に出ないとイカンよ。で、引き分けのまま終了。またまたこのまま後半に点取られて終わりか!?というささやかな不安もよぎるのですが、前方でアップするササ先生(ひげ生やしてた)を見て心を落ち着かせました。そういえば、前半のロスタイムなしでした。そういうこともあるんですね。

後半になってやっと試合が動き出しましたね。引き続き私の前あたりで試合が繰り広げられましたが、後半はこれが良い状態なのですよね。これはいけるかな!と思ったら、広島が先制点を取ってしまった。・・・これでおしまいだったらどうしましょ、というところで阿部ちゃんがすごいシュートを決めてくれました。あのシュート、夜のスポーツ番組でもやってくれてて、ニコニコしながら見ちゃいました。この後、佐藤(寿)に決められちゃったけど、またすぐにユータが取り返してくれた。この展開で、最初は静かに試合を観ていた周りの皆さんがだんだん盛り上がってきました。私も同じく。最後はしのぎきってなんとか終了。ふぅ。
以前と違って、点を取られても阿部ちゃん、ササ先生、ノリオ、ユータあたりがなんとか取り返してくれるんじゃないか?という安心感が出てきたのが心強いです。あと7試合、何とか順位を1桁にしてほしいなあ。。。

あーそうそう、今回の席でもうひとつ良かったのが、
ヒロミのピョンピョンを至近距離で見られたこと。
です。
NHKの中継もヒロミのピョンピョンで締めくくってましたね。速報Jリーグでもその映像使ってたなあ。NHKの中の人もヒロミピョンピョンを認知してきてるんでしょうか。

来週のベルディ戦は、体力があったら行きます。
与那国旅行記は、もうちょっと待っててくださいねー。

2005/10/02

花酒を飲んでみる。

DSC02222与那国馬ゆうゆう広場を後にして、次に向かったのが泡盛を作っている入波平酒造さん。祖納の町には3つの酒造会社がありますが、その中のひとつです。どの工場でも見学をさせてくれるようです。こちらで作っている銘柄は「舞富名」。

DSC02221ここでは大きな蒸し器でお米を蒸しているところや、米や黒麹菌などを混ぜて発酵させているところを見学させてもらいました。黒麹菌をまぶしたお米が本当に黒くなっているのに感心しました。その名の通り本当に黒いんですねえ。こういう見学モノって、ガラス越しに見ることが多いですが、ここでは目の前で製造工程を見せていただけます。何でも、黒麹菌が強いのでそこまで近づいて見ることができるのだとか。

最後にアルコール度60度の花酒を試飲させてもらいました。お酒に弱いので、パニックにならないようにちびちび飲んでみたところ、口の中で蒸発していく感じがして、無事に?試飲できました。お店の人に、コーヒーにちょっとだけたらして飲むなんていう使い方も習ってきました。お店の人も、いろいろな飲み方を研究しているそうで、その話を伺うのも楽しかったです。

これでその日の行程は終了。宿に戻って入浴と夜食をすませ、自室でお休みタイム。ものすごーく時間があったので、テレビで沖縄の伝説のお笑い番組「お笑いポーポー」の復活版の番組を見たり、宿においてあった西銘元沖縄知事の自伝やら「コーラルウエイ」のバックナンバーを読んでたり、果ては筋肉痛発生予防用にアンメルツヨコヨコを大腿部に何度も塗り、マッサージ屋さんに習ったストレッチをしたりとありとあらゆることをやっていました。
部屋の窓を開けていたのですが、台風が近づいているせいか、波の音が大きく聞こえてきて翌日の天気がちょっと心配になりました。この日は宮古の大神島では台風のために繰上げ投票が行われたというニュースもありました。

昼下がりは、与那国馬に乗って

与那国旅行記の続き。

与那国滞在2日目。午前中のハードなサイクリングを終了後、もすらのたまごさんの車でその日に泊まる祖納のこみね旅館まで送ってもらいました。
※何人かの方に「サイクリングはマウンテンバイクで行ったのですか?」とのご質問をうけました→変速ギア付ママチャリでがんばってまいりました。

DSC02224昼食をこみね旅館に併設されている「峰」でいただいた後、自室に戻りしばしの休憩タイム。部屋からは、テンダハナタが眺められます。しばらく周りの風景を眺めた後、畳の上にごろりと横になり、部屋に入ってくる風を浴びながらのんびりしました。

小1時間ほどののんびりタイムの後は、与那国馬の乗馬体験をしに祖納のはずれにある「与那国馬ゆうゆう広場」に向かいました。途中、今夜襲ってくるであろう大腿部の筋肉痛に備え、薬局でアンメルツヨコヨコを購入。午前中は島半周、午後は乗馬と忙しいスケジュールでしたが、台風が近づいていたのでそれに備えてスケジュールをつめつめにしてたのでした。

ゆうゆう広場では馬に乗って山に行ったり海に行ったり、果ては馬と海に入ってみたりといくつかのコースがあるのですが、午前中は山の中を走っていたので海に行くコースにしてみました。ちなみに広場には十数頭の与那国馬がいました。仔馬もいた!親にくっついて動いてるところが実にキュートです。
今回私が乗った馬はイスラ君という名前でした。最初に馬の乗り降りのやり方、手綱の持ち方などを習った後、管理人の青年の先導で海に向かいます。祖納の町の端っこを通ってなんた浜沿いの道を馬に揺られていくのですが、町の中を馬に乗って行くなんていうのもめったにない経験なので、実に楽しいです。与那国馬は小さいので、目線も自分で歩く時と同じぐらいの高さなので、安心して乗ることができます。
DSC02212浦野の墓地を通り過ぎると、ビーチが見えてきてイスラ君が立ち止まりました。(休めるところが分かってるね、イスラ君。)ここが管理人の青年の言うところの「四畳半ビーチ」。うん、確かにコンパクトだ。ここで青年の持ってきたハーブティを飲みながら休憩タイムです。暑い中を移動してきたので、冷たいハーブティが実においしい!!(ちなみに、自家製だそうです)

DSC02213休憩の間、馬たちも草を食べてすごしていました。かわいいねえ。で、帰り道はイスラ君を速足で走らせながら広場に戻りました。乗馬終了後は再びハーブティを飲みながら、青年に与那国馬の話やらお勧めスポットの話を聞いたりしてすごしました。乗馬体験のほかに、ドラム缶風呂やらハンモックで昼寝やら楽しそうなオプションもあるとのこと。ティンダハナタに馬で行くコースもよさそうなので、次回与那国に来た時はこのコースを選択することに決定。
※沖縄の情報を紹介しているサイト、RIKにゆうゆう広場での乗馬体験のことが載っていたのでリンクしておきます!

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ