フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の8件の記事

2006/04/17

りゅうちゃん、日本代表を応援

赤嶺の初ゴール記事を探しに沖縄の地元紙のサイトをめぐってまいりましたが、ネットには記事が載っていなかったみたいだ。。。FC琉球の記事はありましたが。(5連敗しているみたいです。ガンバレFC琉球)

で、沖縄の地元紙といえばついついチェックしてしまうのが、最近マイブームの琉球新報のマスコット?、りゅうちゃんのブログ
相変わらず沖縄各地で楽しげに活動しているりゅうちゃんですが、先日は日本代表を応援するジャイアントジャージにコメントを残してきたそうで。
サッカー日本代表応援☆ジャイアントジャージーがやってきた
りゅうちゃんのコメントもドイツに行くんだなあ。(感無量)りゅうちゃんのイラスト描いてる人もいるよ(^^;。

この記事の次の日の記事で、与那国でもブロードバンドが使えるようになったことを知りました。これもうれしいニュースですね。

2006/04/16

祝・赤嶺初ゴール。

味スタ行ってまいりました。負けちゃいました。やっぱりガーロさんがコートを着たときは、いまひとつの結果になっちゃうのか?(→相変わらずガーロさんのコートにこだわっております)うーむ、守備陣補正しないとなあ。。。ともあれ、GWの連戦も近づいてます。前向いていきましょう!
そうそう、今日うれしかったのは赤嶺の初ゴール。バモス小禄の星!!沖縄の新聞に記事が載りますように。

※去年のJEF戦のときにいたく気に入ってしまった「愛犬家」ゲーフラの方、今日も来てたなあ。

2006/04/09

成分分析やってみた。

最近話題の成分分析南西ブログさんの記事にも載っていたので、私もやってみました。

まず、なべら。
なべらの97%はむなしさで出来ています
なべらの3%はお菓子で出来ています
そんな、アタシはむなしいのか??お菓子で出来ているのはあたっているな。

本名。
○○○○○の50%は勢いで出来ています
○○○○○の34%は柳の樹皮で出来ています
○○○○○の8%はマイナスイオンで出来ています
○○○○○の8%は濃硫酸で出来ています
勢い、は少しばかり合っているか?マイナスイオンと濃硫酸は対照的だよねえ。

FC東京。
FC東京の92%は怨念で出来ています
FC東京の4%は気の迷いで出来ています
FC東京の2%は濃硫酸で出来ています
FC東京の2%は理論で出来ています
怨念と言う言葉は合わないチームだと思いますがねえ(^^;。「4%は気の迷い」はここ数試合の展開の原因か?「2%は理論で出来ています」ガーロイズムか?

ガーロさん、コートを脱いで登場。

(4/9に加筆訂正しました!)
味スタ、行ってまいりました。ガーロさんもコートを脱いでベンチ入り。暖かくなりつつありますね。そろそろユニ着て応援し始めようかな。

今週はモーレツに仕事が忙しかったので、待ちに待った土曜日でありました。疲れてたのよ~。飛田給について青赤を身にまとった方々を沢山見て、少しずつ元気が沸いてきました。で、席について日向ぼっこをしながら「東すか」を読みつつ試合開始を待つ。なんだかやっと休息している気分で、シアワセなひと時でした。そして、今日の応援の最初の曲は「東京ラプソディ」。この曲聴いて完全に元気を取り戻しました。ああ、やっぱりサッカーのある休日はイイ。

で、試合ですが。この前の書き込みで「ガーロさんがコートを脱ぐころにはどうにかなるといいですねえ。」と書いていたんですが、冒頭に書いたようにコートを脱いでいたので、どうにかなりはじめるかも~と淡い期待を抱いてみた。まあ、そのせいだけじゃないと思いますが、パスがつながり始めたじゃないですか!おまけにルーカスが2点も入れてくれたのでうれしかったぞ。おまけにクリもステキなシュートを決めてくれました。クリはほんとジュビロキラーですね。
確かにもどかしくていらいらしそうになることもあるけど、そういう時期もこの試合のような喜び爆発な試合のための燃料なんだと思う。去年の日本平とか、味スタの横浜戦のときもそうだったもんね。
ああ、それにしても東京はヨシカツさんに相性がいい。

新宿コマでオキナワ・チャージ

昨日、新宿コマ劇場で公演中の夏川りみカーニバルを観にいってきました。仕事の都合で30分遅れで入場(泣)。

夏川りみのライブは初めてでしたが、ご存知「涙そうそう」からドラえもんの主題歌「ハグしちゃお」、はたまた八重山民謡「鷲の鳥節」まで沢山の歌を聴いてきました。
歌だけではなく、演出もバラエティーに富んでいて、「童神」の時にバックで琉球舞踊を踊る人が登場したり、りみの衣装換えの時間に獅子舞をやったり、フィナーレに客席までエイサーの人が登場したりと、飽きることのない2時間でしたー。
一番面白かった場面が、りみが釣鐘型ロングスカートで歌っていたとき。バックのダンサーの皆さんが花の沢山ついたロープをもって登場。で、踊りながら次々とそのロープをりみのスカートに巻きつけていくのです。で、ラストは花の一杯ついたスカートに変身!ロープがこうきましたか!とびっくりしました。

あー、そういえば沖縄タイムスの記事によりますと、りみ嬢が沖縄県出身の歌手としては初めてコマで単独公演したんだそうです。ちなみにゲストで新良幸人、日出克、鳩間加奈子、大島保克と八重山勢が登場するんですが、これだけ八重山出身シンガーがコマに登場するのも、実は八重山商工の甲子園出場と同じくらい快挙ではないかしら!とか思っちゃいました。
私の行った時は新良幸人がゲストコーナーに登場してました。いつもの調子で「小浜節」と「パピル」歌ってました。しかし、まさか幸人の歌をコマで聴けるとは思わなかったよ。

フィナーレは日出克ご本人とりみの歌う「ミルクムナリ」や、「豊年音頭」にあわせて前述のエイサーな方々が客席内を盛り上げます。おかげさまでしっかりオキナワ・チャージできました。

※新宿コマの客席は、劇場にしては珍しくドリンクホルダーがついていた。イイ!

2006/04/02

南極物語@米国

南極物語」のリメイク版、観にいってきました。

オリジナル版も、小学校のころに見に行った記憶があります。最後の場面の健さんの「タロー、ジロー!」の場面と、今は日比谷シャンテになっている日比谷映画でみたことぐらいしか覚えてないんですが。あ、でも先日テレビでやっていて後半を見ました。

リメイク版といっても、オリジナル版から話がかなり変わっています。感じたことを少々。
・観測隊にも女性が数名。さらに犬のリーダーもマヤちゃんという女の子。オリジナルより女性度数高し。えー、恋のお話もちょっと出てきますよ。(余談ですが、オリジナル版の夏目雅子はきれいですねえ)
・健さんの役にあたりジェリーは、犬を残してきたあともひたすら彼らを救おうと動き回る。前向きです。そり犬の飼育家のおじちゃんのところに誤りに行っても、逆に励まされちゃうし。
オリジナル版の健さんがひたすら苦悩して、謝罪の旅して、、、というのも、大人になってから見ると印象的な場面でした。
・おそらくジロにあたるマックス君が見事にチョビ顔で、妙に親しみがわいてしまった。
・おそらくタロにあたるマヤちゃんの慈愛に満ちた表情がかわいい。
・ジェリーやってるポール・ウォーカーはいいですねえ。
・一番好きな場面は、クライストチャーチでジェリーの仲間たちが終結する場面。いかにもアメリカンな場面ではありますが、かっこよかったぞ。「仲間っていいなあ!」って素直に感じちゃった。
・オリジナル版の感動を期待していくと、ライトな感じでガクッときちゃうかも知れませんが、むしろアドベンチャー映画として楽しんでみるといいのかも。私はこれ見た後、犬ぞりツアーに行きたくなってしまった。
こんなところです。

あと、小学生の時は犬が怖かったので、犬たちへの思い入れ度数が薄かったと思うのですが、大人になってから犬好きになったので、犬たちの動きとか楽しく見てました。


オキナワチャージ

今年のJALの沖縄キャンペーンのキャッチフレーズがイイ!

オキナワチャージ
1年分の元気を沖縄で補給する旅、ですって。
思わずうんうん、と強くうなずいちゃったネーミングです。
私も半年に一回はオキナワチャージしたいなあ。

桜のアーチ

桜のアーチ

青山墓地の桜です。ここも結構花見のお客が多いですね。

昨日の夜は井の頭公園で花見。寒かったけど、楽しかった!!

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ