フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 那覇空港 | トップページ | 次のホームは行きます。。。 »

2006/09/03

伊野波節という曲があるぞ。

少々遅くなりましたが、イノハ君A代表選出おめでとう。ヤッタネ!

今日はイノハつながりのお話をしてみよう。
沖縄の古典音楽に、「伊野波節」という曲があります。はい、もちろん「いのはぶし(沖縄読みだと「ぬふぁぶし」)」と読みます。沖縄の本部町伊野波が発祥とされる歌です。
歌詞は、プレーンなものはこんな感じ。(他の歌詞もあり)
伊野波の石くびり 無蔵連れて登る にやへも石くびり 遠さはあらな
(伊野波の石くびりを貴女と一緒に登ってるけれど、この石くびりがずっと遠くまで続いていてほしい!)
簡単に言っちゃうと、彼女との別れを惜しむ歌です。
伊野波の石くびりは、伊野波にある細い坂道。今もあります。伊野波節の歌碑も立っているはず。

この伊野波節は歌三線で演奏されますし、琉球舞踊のレパートリーのひとつにもなっています。歌詞は男の目線から詠んだものだけど、舞踊では女踊りになっているのが面白いです。もっとも、別の歌詞を使ってはいますが。
ついでにいうと、先日記事にした古典芸能コンクールの歌三線部門でも、舞踊部門でも課題曲になっています。
とくに、歌三線部門では新人賞の課題曲になっているので、古典の歌三線を目指す人にとっては第一関門ともなっているおなじみの曲だったりします。今年の夏も、伊野波節と格闘した方が沖縄の各地と全国の数箇所にいたに違いありません。

« 那覇空港 | トップページ | 次のホームは行きます。。。 »

FC東京」カテゴリの記事

オキナワノハナシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/11740725

この記事へのトラックバック一覧です: 伊野波節という曲があるぞ。:

« 那覇空港 | トップページ | 次のホームは行きます。。。 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ