フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の6件の記事

2006/10/28

日本一をまた見送っちゃった。

仕事で残業の日々を送っている間に日本シリーズが終わり、結果は北海道の皆さんに大いなる歓喜をもたらし、新庄劇場に華麗なる幕切れをもたらしたわけですが。

ドラファンとしましては、
また日本一見送っちゃったよ!
と叫ばせてください(泣)。
物心ついてからその回数をカウントしたら、1982年、1988年、1999年、2004年、2006年と5回目なのだなあ。

2006/10/23

ばってん荒川さん

熊本にルーツを持つ人間としましては、このお方について書いておかなきゃいけないですよね。。。
熊本の誇る芸人、ばってん荒川さんが亡くなってしまいました。今日の朝刊を見て驚きました。昔からばあさんの格好をしてたけど、まだ69歳だったのですね。。。

“お米ばあさん”ばってん荒川さん死去 (西日本新聞)

全国区なお仕事としては、子どものころにやってた明治乳業のアイス「うまか棒」のCM(もちろんお米ばあさんの格好で出演)のほかに、今回調べてみたら映画「トラック野郎 男一匹桃次郎」などに出演というのもありましたが、ほとんど九州地域メインで活躍されていました。
熊本に行くたびに、イベントでナマばってん荒川に会えないかなあ、と思っていたのですが、実現しませんでした。ちなみに、荒川さんの歌う「火の国旅情」はなかなかいいです。
ご冥福をお祈りします。

2006/10/10

祝・中日セ優勝

テレビ中継で中日のセリーグ優勝の瞬間を見る事ができました。やったぜオレ竜!

2006/10/09

「フラガール」

最近古い映画ばかり観ていましたが、半年振りに観にいった最近の映画が「フラガール」!でも、この映画も実は舞台が昭和40年なのだよね(^^;。

常磐ハワイアンセンターの草創期にハワイアンダンサーを目指した女の子たちと指導者の物語で、酒びたりの先生が女の子の熱心さにほだされて更正していったり、途中でやめざるをえなくなった女の子が出てきたりといろいろありますが、最後はハワイアンセンターのオープニングでダンスをめでたくご披露。
少々ベタな展開ではあるけれど、ラストのダンスの場面でそんな気持ちも一気に吹き飛びました。
松雪泰子、富司純子、蒼井優の女優陣のパワフルさも最高です!岸辺一徳扮するハワイアンセンターの部長(常にアロハ着用!)も脇をよく支えていました。司会のはずしっぷりが楽しかったぞ。

9月に観にいった映画・続き

先月は、9月10日の書き込み以降2本の映画を見てきました。
9月13日に、シネマヴェーラ渋谷と池袋の新・文芸坐のはしご。雨の中の移動でした。

九十九本目の生娘(1959年 新東宝)
あらすじはコチラ(キネマ旬報のデータベース)
岩手県の山奥に住む人々・舞草一族が代々伝える刀にまつわる伝奇ドラマ、、、とでも言いましょうか。タイトルが新東宝らしさに満ちたすごいものですが、これは舞草一族が10年に一回行う祭りで刀を鍛えるために生娘の血を使う設定になってるからなんです。最初は山奥に遊びに来ていたバーの女性(一人は三原葉子さん!)がつかまって血を抜かれれしまいますが、血が穢れていたため失敗!次にさらわれたのが、主人公の警察官の彼女。警察官は警官隊を引き連れて舞草一族の住む場所へと向かう・・・。
新東宝にありがちなカルトな映画なのではありますが、その昔、民俗学をかじっていたもので、「岩手県の山奥に住む人」で「遠野物語」に出てくる山人を思いだしたりしながら観ておりました。
若き日の菅原文太兄さんが主人公の警察官役で活躍してます。舞草一族と山ろくの人々の仲を取り持とうとする神主役の沼田曜一さんも好演。新東宝の怪奇映画に欠かせない五月藤江さんも大活躍ですが、お年を召した彼女に山を上り下りする格闘シーンはハードじゃなかったのかと心配してしまいました。。。

座頭市物語(1962年 大映)
「座頭市」シリーズ第一作。天知茂さまが新東宝倒産後に出演した最初の映画でもあります。天知さん扮する平手造酒観たさに行ってまいりました。あらすじはコチラ(キネマ旬報のデータベース)
飯岡一家と笹川一家がいがみ合う中、座頭市と造酒が次第に友情を深めていく様子が周りの状況の醜さゆえに一層美しく見えました。市と造酒が出会う場面や、寺の中で酒を酌み交わす場面は、最後の二人の対決の悲しさをより一層引き立てますね。
造酒が死んだ後、造酒が身を寄せていた寺でおそらく彼に向けて唱えられている読経が流れる中、彼を載せてきたらしい血に染まった駕籠を写す場面が切なかったです。
この映画、観た時よりも翌日以降二人の対決の悲しさがしみじみと心に迫ってきました。

復活。

仕事は忙しいわ、風邪はひくわで書き込みの機会をしばらく逸していました。ブログペットちゃんの書き込みも連続4回になっちゃった!
おまけに、FC東京の試合もぜんぜん観にいってない(泣)。って、次のホームゲームは2週間先なんだよなあ。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ