フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 「海流」観たいよう!! | トップページ | またもや映画と歌舞伎の週末 »

2007/01/14

大映のミュージカル映画

京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで、今「歌謡・ミュージカル映画名作選」という特集をやっています。作品は戦前のエノケンさんからクレイジーキャッツを経てフォーリーブスまで幅広くチョイスされています。

今日はそれらの上映作品の中の一本、「アスファルト・ガール」(1964年・大映東京)を観てきました。
あらすじはコチラ(キネマ旬報データベースより)
東京オリンピック目前の東京を舞台にした和製ミュージカル映画なのですが、「大映でミュージカル映画」と言う組み合わせが意外!でした。ミュージカルというと東宝というイメージがあるもので。。。だから半分好奇心もあって観にいってみたんですが。
1964年というと、前年に東京宝塚劇場で江利チエミと高島忠夫で日本初のブロードウエイミュージカル「マイ・フェア・レディ」を初演した翌年で、大映も「うちもやるか!」って感じで作ってみたりしたんでしょうか。出演者の中に「大映ミュージカル・グループ」なんて出てきてたし。

上品ぶっていてなかなかお客がつかない観光ガイド(実はコールガール)エミ子のところに仕事の話が来た。ブラジルでコーヒー園を経営し、一時帰国中の星野(坂本博士)が、結婚を勧める友人たちの話をうまくかわすために恋人のふりをしてほしいというのがその仕事。エミ子はそれに応じるが、星野はエミ子のことを本当に好きになってしまう。エミ子は靴磨きだった自分の過去を話すが、星野はそんなことなど気にしないし、実は自分のコーヒー園は破産し無一文になってしまい、これからもう一度やり直すところであることを告げる。エミ子は星野の愛を受け入れ、一緒にブラジルに行こうとするが、コールガール組織のボスが彼女の行く先を阻んでしまう。結局エミ子はブラジルに行き損ねてしまうが、そんな彼女の前に星野が現われ、抱き合うのだった。

銀座や丸の内近辺の風景を写したあと女性の足元をアップにし、軽快な音楽の流れるオープニングがまず気に入りました。ちゃんとタイトルバックにミュージカル・ナンバーの一覧が表示されているのにびっくり。本格派狙ってますね。そして、音楽を「セクシー地帯」と同じ平岡精二が一部担当している!

本編のほうは、歌の場面も踊りの場面もがんがん入っていて、かなり本格的にミュージカルしています。話の筋も、外国ミュージカルにありそうな展開だし。ちなみに映画「回転木馬」の振付をしたロッド・アレキサンダーを呼んでミュージカル場面の監督にしています。酒に酔ったエミ子が星野の友人たち(その中には中条静夫もいた!)を引きつれて歌い踊る場面、コールガールのヒモたちが手当てをもらって飲みに行く場面、エミ子の仲間と縄張り争いをするコールガールたちとの喧嘩の場面の歌やダンスは「ミュージカルの楽しさ」をしっかりキープしてました。喧嘩の場面で、ヒモの一人の尾藤イサオが、ボーイから受け取ったビンで敵の頭を殴り、そのままカウンターに放り込むところが実に痛快!でした。

そのほか印象に残ったのが、エミ子とその仲間の衣装が寒色ベース、敵対するコールガールたちの衣装は暖色ベースというコントラスト(衣装は東宝の真木小太郎→日劇のレビューの衣装や越路吹雪の衣装のデザインを担当していた)や、星野とエミ子が自己紹介する場面の喫茶店のセットの雰囲気と音楽と会話がかもし出す幸福感、星野に靴を買ってもらった喜びをエミ子が歌い踊る場面のセットと2人の動きなどです。

エミ子を演じた中田康子は、「悪名」で朝吉と駆け落ちする人妻のイメージしか観たことがなかったので、しっかり歌い踊っておられてびっくりしました。しかし、実は中田さん、宝塚→日劇ダンシングチーム→東宝→大映という経歴だそうなので、こういうことができる素地は十分にお持ちだったわけです。前述の酔っ払う場面はどんどん酔いの深みにはまっていくところが実にグーでした。

見終わった後、楽しいミュージカルを見終わった後の幸福感が胸の中にぐっとわいてきました。思いがけない拾い物の一本でした。

« 「海流」観たいよう!! | トップページ | またもや映画と歌舞伎の週末 »

エイガヲミル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/13494296

この記事へのトラックバック一覧です: 大映のミュージカル映画:

« 「海流」観たいよう!! | トップページ | またもや映画と歌舞伎の週末 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ