フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« プレイバック関西旅行 その3 | トップページ | 年間チケット到着。 »

2007/02/10

「次郎長三国志 第一部」

今日は、シネマヴェーラ渋谷で「次郎長三国志 第一部 次郎長売り出す」を観にいってきました。
あらすじはコチラ(キネマ旬報データベース)

この前まで、この映画の原作を読んでいたので、活字で読んだ世界がスクリーンに出てくるのがえらく楽しい。第一部では、桶屋の鬼吉が次郎長の押しかけ子分になるところから、大政が子分になるあたりまで。

なんといっても、この映画の最高傑作は田崎潤の桶屋の鬼吉!スクリーンからはじけ出しそうな勢いと名古屋弁が最高です。次郎長の子分をやりながら桶屋で奉公しているというキャラクターも面白い!!そんなはじめた男の割には、一目ぼれした料理屋の娘・お千ちゃんにはでれでれなのが愛すべき男であります。
この映画は、田崎潤が鬼吉をやりたくて話を持ってきたというのが製作されたきっかけだったそうで、それも鬼吉のパワーの源になったんでしょうねえ。
※その昔、テレビ版「次郎長三国志」では天知茂サマがこの鬼吉をやったそうです。ネイティブ名古屋弁スピーカー(茂は名古屋出身)ゆえ起用されたのだろうか?名古屋弁ではじける茂、みてみたいぞ。

続きも見たいのだけど、予定が合わなくて観にいけない。。。残念だー!

ちなみに、原作の「次郎長三国志」も面白いです。章のタイトルが鬼吉に始まる子分たちの名前になっていて、1章ごとに新しい子分が加わっていく趣向。章の後半に新顔が出てくるので、読み出したら続きが気になって読むのをやめられないんです。

« プレイバック関西旅行 その3 | トップページ | 年間チケット到着。 »

エイガヲミル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/13860097

この記事へのトラックバック一覧です: 「次郎長三国志 第一部」:

« プレイバック関西旅行 その3 | トップページ | 年間チケット到着。 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ