フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 連休後半はチョぺゴールから。 | トップページ | 「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」 »

2007/05/04

珍しくクラシック鑑賞。

今日は、朝から東京国際フォーラムで行われている「熱狂の日」音楽祭に行ってきました。
2日から6日まで、たくさんのコンサートが行われ、1500円から3000円という安いお値段でそれらを楽しむことができる音楽祭です。(実は、おとといの夜もプログラムのひとつ、フラメンコのコンサートに行ってきました。)

私は普段、クラシックのコンサートにはめったに行かないのですが、今回は大好きなラベルの「ボレロ」が演奏されるということで行ってみることにしました。ちなみに、演奏はビルバオ交響楽団。そう、かのアスレチック・ビルバオのあるビルバオが本拠地の楽団です。
「ボレロ」のほかにも2曲演奏され、トータルで1時間ぐらいだったので、さらりと楽しめました。

私の選んだ回は、「0歳児からのコンサート」ということでお子さんがたくさん来場!
最初に青島広志さんの非常にわかりやすい解説があったので、ビギナーの私にも入りやすかったです。リズムを構成するあの小太鼓はピアニッシモから始まること、弦楽器が最初はピチカートで始まることは初めて知りました。
「ボレロ」の小さな音がだんだん大きくなっていく興奮感は、生で味わうと最高です!!
至福のひと時でした。

« 連休後半はチョぺゴールから。 | トップページ | 「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」 »

ヒビノクラシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/14953892

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しくクラシック鑑賞。:

« 連休後半はチョぺゴールから。 | トップページ | 「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ