フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 韓国んまいもんツアー | トップページ | 祗園祭に行ってきました »

2007/07/20

5年ぶりのタカラヅカ

海の日に、久しぶりに宝塚大劇場に行ってきました。この前行ったのは2000年の暮れで、あの頃はまだ宝塚ファミリーランドがあったんですよね。ちなみに宝塚を観るのは5年ぶりでした。※私は中学生の頃、宝塚ファンだったのであります。

今回見た演目は宙組の「バレンシアの熱い花」と「宙・Fantasista!」の2本立て。新トップコンビの大和悠河と陽月華のお披露目公演でもあります。
「バレンシアの熱い花」は、昭和51年に月組で上演されたもののリバイバル。何年か前にBSでその時の中継を見たのですが、パッショネイトな主人公たち、ロマンチックな主題歌、かっこいいフラメンコに惹かれてお気に入りの作品でした。榛名由梨・瀬戸内美八・順みつきの男役トリオを売り出す作品だったので、骨太な榛名、プリンス瀬戸内、パッショネイトな順に当てはめられて書かれた役がそれぞれ活躍します。ちなみに、私は順みつきファンなので順の演じたラモンがお気に入りです。
大和さんは、新人時代によく舞台を観ていたので、「トップになったのだなあ」と感無量な気持ちで舞台を眺めていました。
しかしこの作品、男役のかっこよさの見せ方とか、「昭和50年代」の宝塚の雰囲気がして懐かしかったです。私は「アイシャドウが青かった頃のタカラヅカ」が好きなのだ!

ショーのほうは、宇宙に生まれた王子(大和)が月火水木金の順に惑星をめぐる内容。王子が生まれるときの出演者たちの「コスモ」コールから、「宙・ファンタジースター」と主題歌が耳に残るフィナーレまであきさせない1時間。

前述の通り久しぶりのタカラヅカでしたが、3時間楽しく過ごせました。やっぱりいいですねえ、タカラヅカ。

« 韓国んまいもんツアー | トップページ | 祗園祭に行ってきました »

エトセトラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/15825849

この記事へのトラックバック一覧です: 5年ぶりのタカラヅカ:

« 韓国んまいもんツアー | トップページ | 祗園祭に行ってきました »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ