フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 台湾好吃的旅行 三 | トップページ | 「ブレードランナー ファイナル・カット」 »

2007/12/01

最近観た映画

最近観た映画、駆け足で。

東京フィルメックス
スパイ(1965・山本プロ=大映) 山本薩夫特集。
日韓基本条約が結ばれる頃、日本で暗躍するスパイを追い詰める新聞記者(田宮二郎)の姿を描く。
内容はハードに社会派なんだけど、田宮とアメリカのスパイ(中谷一郎)が幼馴染なのに対決しなければならなくなったり、この二人の間で揺れる女(小川真由美)の描き方が切なかったり、エンターテインメントとして楽しめる作品。最後まで展開が読めないスリリングさが良かったな。田宮VS中谷の対決はハードボイルドでカッコイイ!
あと、今の銀座プランタンのところにあった讀賣新聞でロケしてるらしいのが興味深かった。あの頃の銀座は新聞社の街でもあったのですよね。
余談ですが、この映画は朝鮮料理屋の東野英治郎も出ていて、ご老公と弥七さんのそろい踏みだったことに気づきました。

ヘルプ・ミー・エロス(2007・台湾) コンペティション。
財産を失った男(リー・カンション)の絶望と愛を扱った作品。セリフは少なくて、ビジュアルからイメージを広げていく作品でした。男の妄想のトリップ感が気に入りました。結局男は自殺するんですが、ラストシーンは舞いしきる紙ふぶきの中、男の写真を男と愛を交わした女が拾い上げる。その場面の切ないこと。観終わった後に余韻がぐぐっと広がってくる作品でした。

ジェリーフィッシュ(2007・イスラエル) コンペティション。
テルアビブを舞台に、ホテルで滞在する新婚さん、海で出会った迷子の女の子を世話することになったウエイトレス、フィリピンから出稼ぎに来た女性の3組のエピソードを交互につづっていく。作品に漂う、ふんわりとした哀しさと喜びの混ざり具合が心地よい。

シネマヴェーラ スポーツする映画たち
雷電(1959・新東宝)
続・雷電(1959・新東宝)
江戸時代の名力士・雷電の青年時代から名を上げるまでを描く、中川信夫監督の作品。芸術祭参加作品でもあるのか、この時期の新東宝作品にしてはセットも豪華でお金をかけた模様。
宇津井健はボクサーとか力士とかスーパージャイアンツとか、新東宝では格闘系で大活躍ですなあ。朴訥そうなキャラがこの役でも見事に生きてきました。
しかし!この映画で特筆すべきは、雷電を慕う娘・おきんを演ずる北沢典子の演技でしょう!最初の素朴な田舎娘が、たびたびの困難を乗り越えていくにつれて強い女性に変貌していく様を見事に演じています。この映画は、雷電ばかりでなくおきんの成長物語でもあるのです。北沢さんの役では、この役が一番好きになりました。
沼田曜一の太田蜀山人の洒脱さもステキ。この人はいい人も悪い人もうまく演じ分けるよなあ。
ところで、谷風親方を演じる坂東好太郎の声が、子息の吉弥・弥十郎兄弟にえらく似ていてびっくりした。

ポレポレ東中野 朝はダメよ!Vol.1
ピンクのカーテン(1982・日活)
OL百合族・19歳(1984・日活)
2本ともロマポなのですが、当時の時代の雰囲気がつまっていてなつかしい。アラレちゃんのキーンをする美保純とか、エアロビルックでフィットネスする山本奈津子とか。バブル以前のこの時代が私は好きなのだ!
ピンクのカーテンですが。この頃の美保純のしめりっけのないキュートさが好きだなあ。今も好きな女優さんなんだけど。萩尾なおみが、ジョージ秋山の漫画にホントに出てきそうなルックスだったのが印象的。

シネマート六本木 東京 六本木 ATG
股旅(1973・崑プロ=日本ATG)
股旅モノなんだけど、主人公の3人(萩原健一、小倉一郎、尾藤イサオ)は決してカッコイイ渡世人ではないところがポイントなのでしょう。ビート感の利いたBGMをバックに3人がめちゃくちゃな立ち回りを繰り広げるのが楽しい。途中、渡世人の習慣についてナレーションが入って、けっこう勉強に?なりました。一宿一飯の意味とか初めて知りました。

ラピュタ阿佐ヶ谷 1970-71 ダイニチ映配ノスタルジア
新女賭博師 壺ぐれ肌(1971・大映京都)
いやもう、江波杏子扮するお銀さんのかっこいいこと。壺振りの動作がえらく決まってます。立ち回りも強いです。女賭博師シリーズのほかの作品も観たくなってきました。確か先日、CSで連続放送やってたんだよね。。。

« 台湾好吃的旅行 三 | トップページ | 「ブレードランナー ファイナル・カット」 »

エイガヲミル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/17245698

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画:

« 台湾好吃的旅行 三 | トップページ | 「ブレードランナー ファイナル・カット」 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ