フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 私の年末年始 | トップページ | 東京タワー »

2008/12/22

歌舞伎座 昼の部

12月の歌舞伎座、昼の部に行ってきました。

「高時」
「太平記」に出てくる、北条高時のところに天狗が現われて「天王寺の妖霊星見ばや」と囃したというエピソードを劇化した作品。なんだか日本史の教科書に出てきた人たちがぞろぞろ出てきて、懐かしかった。(高校の頃、日本史が得意科目だったのだ!)歴史絵巻のような感じです。

梅玉丈が高時を初役で演じてます。この役、背を柱にもたれかけて横向きに座ったまま登場します。そのまま場面の前半はたまに正面切ってせりふ言うんだけど、ほとんど横向きで酒飲んだまま。
9代目團十郎がやったときは、この演技は斬新だったんじゃないか。主人公が正面向かず、座ったまま。ここで彼お得意の腹芸を見せたんでしょうねえ。
ところでこのシュチュエーション、「頼朝の死」がそっくりだ!この作品も頼家が横向いて座って幕が開く。で、頼家も高時も月を愛でる。頼家もやる梅玉さんがやるから、より一層そう感じてしまった。

後半は、天狗がブランコにぶら下がって登場したり、ピョンピョン跳ねたり、なにやら大蔵時代の新東宝の映画に出てきそうなシチュエーション。高時は天狗に持ち上げられたり逆さづりにされたり体張ってます。梅玉丈がんがれ。

「娘道成寺」
三津五郎の道成寺。これがねえ、今まで観た中で2番目にいい娘道成寺だった。(1番はテレビで見た歌右衛門の)
道行は常磐津で花子の衣装は赤。常磐津だと優しいですね。三津五郎はたおやかな感じ。
「廓尽くし」のところは、娘が戯れに遊女の動きの真似をしていたりするように見えるのが面白かった。あー、だから娘道成寺なんだよね、と実感しました。
終盤の「早乙女早乙女田植唄」の部分の袖の動きが滑らかだったのも高得点。この部分、袖の扱いが荒っぽい人が多いんだよね。あと、鈴太鼓をばしばし叩きつけるようにやる人とか。しかし今回はそんなことはなく実に丁寧。
いい踊り見せていただきました。ワタシ的には今年一番の舞台かもしれない。

「佐倉義民伝」
うーむ、不況不況な世の中に心にしみてくる1本だ。人間、アクションを起こすことが大事なのだ!

子別れの場面は、「ととさまいのう」とかの子役の棒読みセリフに笑う客多数。前はそんなこと無かったのにね。さびしい。他の場面でも笑う客多数。なんだかねえ。

« 私の年末年始 | トップページ | 東京タワー »

カブキノハナシ」カテゴリの記事

コメント

三津五郎さんの娘道成寺かぁ。。。いいはず〜。

>なび子さん
はい、実によろしゅうございました!うーむ、もう一度観たかったっす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79441/43498275

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座 昼の部:

« 私の年末年始 | トップページ | 東京タワー »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ