フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の3件の記事

2009/07/20

「まかん道の逆立ち幽霊」

090711_2029001

暑いので納涼ネタをば。沖縄芝居の怪談物のお話。
「まかん道の逆立ち幽霊」@国立劇場おきなわ
はい、大蔵映画の「支那怪談死棺破り/沖縄怪談逆立ち幽霊」の元ネタです。あちらは現代劇ですが、沖縄芝居では時代物になります。
「まかん道」というのは那覇市の真嘉比あたりのようで、10年ほど前に知人に那覇を案内してもらっていて、「このへんが逆立ち幽霊の出たまかん道ですよ」と教えてもらったのですが、その当時でも結構昼でもミステリアスな雰囲気が漂っていました。今は再開発されているでしょうか。

閑話休題。あらすじはこんな感じ。
氏族の真三良(マサンルー・東江裕吉)には真鶴(マジル・知花小百合)という美しい妻がいる。真三良は病に倒れ、真鶴が自分の死んだら別の男に嫁ぐのではないかと嘆く。それを聞いた真鶴は自分の鼻をそぎ落とし、別の男とは結婚しない決意を示す。
真三良は回復するが、遊女のマカテー(伊良波さゆき)を愛人にして醜くなった真鶴を邪険に扱い、ついには共謀して毒殺する。
やがて真鶴の十六日祭が訪れるが、墓前に集まった人たちが食事をしようとすると食べ物が腐り、あたりは暗くなって真鶴の亡霊が出現する。真三良とマカテーは真鶴の棺をあけ、化けて出ないように足に五寸釘を打ち付ける。
すると真鶴の幽霊は今度は逆立ちしてまかん道に現われるようになるが、幽霊が出ることを聞きつけた池城里之子が真鶴の幽霊の訴えを聞き、助けることにする。真三良の家には護符が貼られていたが、池城がそれをはがし、真鶴は真三良やマカテーを取り殺して恨みを晴らす。そして池城の家の繁栄を約束し、池城も真鶴の墓を作る約束をするのだった。

唄でセリフをつなげながら物語がすすめられていく構成だったので、話はテンポよく進んでいきます。セリフはウチナーグチですが、その響きの美しさにはぐっと来る!
「食べ物が腐って幽霊が出る」とか、「墓をあばいて足に五寸釘を打ちつける」とか、ホラーな場面があるのだけど、その辺は本土との怪談とは違った怖さがありますな。
その怖い場面の合間に十六日祭に向かう親戚のおじさん(津波盛廣)や、池城の従者(前川ゲンちゃん!)のコミカルな演技がはさまれて緊張感をやわらげてくれるのがよいです。

琉球舞踊界の若手イケメンホープの東江青年は悪役が初めてだったそうですが、ちょっと軽い声の質が今回は夫の軽薄さを出していてなかなかでした。妻の容貌を醜くする原因を作るは、足蹴にするは、毒殺するはと真三良はDV夫だ!
知花さんはけなげさが出ていて、彼女の境遇の哀れさが伝わってくる感じ。高音部がかすれてしまっていたのが少々残念でした。
伊良波さんは、もう少し年上になって大人の女の色気が加わればよいかと。まだシャープさが先立ってしまう。

その昔の沖映演劇でも人気演目だったようで、3回ほど上演されているらしいのですが、そのときに妻の役を演じた瀬名波孝子が真三良の母親役で出演していたのがうれしかった。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

2009/07/17

【訂正アリ】「黒と赤の花びら」上映会のお知らせ

(7/17追記)7/19の上映は、おかげさまで満席になりました!18日も残席わずかです。
※昨日、満席日の記載を間違えてアップしておりました。上記の内容が正しい内容です。
読者の皆様、関係者の皆様、大変失礼いたしました。

このたび、映画の友のみなさんたちのご尽力により、天知茂サマの主演作品「黒と赤の花びら」(1963・大宝)が上映されることになりました。
大宝は、新東宝が倒産したあとの存続会社のひとつだったのですが、数本の作品を残して営業を停止しました。この「黒と赤の花びら」もその数少ない作品のひとつです。
天知さんの写真集「ニヒル」に、数枚かっこいいショットのスチールが載っている作品で、昨年のグリソムギャングでの「好漢・天知茂シアター」でも上映候補作のひとつでしたが、フィルムの存在が確認できずお流れになっていました。しかし、先日フィルムの存在が確認され、上映会を開催することになった次第です。
今年は天知さんのデビュー60周年の年であるのですが、そんな天知さんの私たちへの天国からのプレゼントなのかもしれません。

シゲルファンの方、シゲルに興味を持った方、珍しい映画を観たい方、皆様のご参加を心からお待ちしております。

以下、告知です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////


発掘!幻の大宝映画 第一弾『黒と赤の花びら』上映会のご案内

【大宝とは?】

 1961年、倒産した新東宝は三つの会社に分裂する。清算会社である新東宝本社、製作部門のニッポン・アートフィルム・カンパニー(NAC 後の国際放映)、そして配給会社として1961年の9月に設立されたのが大宝であった。
だがその活動も長くは続かず、年が明けた1962年の1月の頭には大宝は業務を停止してしまう。この僅か3ヶ月強の間に大宝によって配給された作品は次の5本。

『狂熱の果て』(佐川プロ製作 監督 山際永三 1961年11月1日公開)
『黒い傷あとのブルース』(佐川プロ製作 監督 小野田嘉幹 1961年11月22日公開)
『飼育』(パレスフィルムプロ製作 監督 大島渚 1961年11月22日公開)
『大吉ぼんのう鏡』(シナリオ文芸協会製作 監督 猪俣勝人 1962年1月3日公開)
『黒と赤の花びら』(佐川プロ製作 監督 柴田吉太郎 1962年1月14日公開)

 これに経緯は判らないが大宝の業務停止後に公開されたらしい『波止場で悪魔が笑うとき』(監督 中川信夫 製作プロ・公開日不明)を加えた計6本が大宝の配給作品の全てと思われる。
 この内、大島渚の『飼育』こそフィルムの現存がはっきりしており、DVD化もされているが、あとの5本については現在新東宝作品の管理をしている国際放映にもプリントはなく、また、5本の内3本を製作された故佐川滉プロデューサーも生前フィルムの所在を探しておられたが結局見つからなかったそうである。故にこれらの大宝配給作品は既に現存しない作品と永らく思われて来たのである。

【3作品の16mmプリントを遂に発見!】

 上記の如く既に失われたと思われていた大宝配給の5作品、だが今回、遂に3本の作品の16mmプリントの所在を突き止めたました!
見つかったのは『黒い傷あとのブルース』『黒と赤の花びら』そして『波止場で悪魔が笑うとき』の3作品。
 既に権利関係すらあやふやになっているこれらの作品を一般劇場でかける事は難しいかもしれません。しかし、これら幻の作品たちをスクリーンに蘇らせる為、「発掘!幻の大宝映画」と銘打って、新橋TCC試写室でのシリーズ上映を企画しました。

 先ず初回を飾るのは『黒と赤の花びら』。
この作品は天知茂主演作、7月には天知茂ご命日もあるし、また今年は天知茂のデビュー60周年にも当たるとのことでそれに絡めての上映です。
二日目7/19の上映後には、この作品のチーフ助監督を務められていた山際永三監督をお招きして、当時のお話も伺います。

当然ソフト化やCS放映なども望めないこの作品、天知ファン、新東宝ファンはこの機会を逃すと今度はいつ観られるか判りません、是非、足を運んで幻の作品を堪能して下さい。

--------------------------------------------------------------------

発掘!幻の大宝映画 第一弾!
天知茂 デビュー60周年&追悼企画

『黒と赤の花びら』

1962年 佐川プロ製作 大宝配給作品

製作:佐川滉 監督:柴田吉太郎 原案:牧源太郎 脚本:宮川一郎/柴田吉太郎
音楽:菊村紀彦 美術:宮沢計次 撮影:須藤登 助監督:山際永三
出演:天知茂/上月左知子/丹波哲郎/三原葉子/安井昌二/松尾和子/細川俊夫/大友純/沖竜次/扇町京子/松浦浪路 他

<解説>
テレビのケンちゃんシリーズで知られる柴田吉太郎監督のデビュー作にして唯一の劇場作品。チーフ助監督には一足先に監督デビューを果たしていた山際永三監督が「先輩の応援のために」とついている。

<あらすじ>
激流の洋上で起きた船舶遭難事故。遭難による保険金の詐欺の疑いを持った海上保険の調査官田代は調査を進めていく内に、その背後にある別の事件の存在に気がつく。
事件の真相を突き止めようと更に調査を進めていく田代であったが....。

<上映スケジュール>
7/18(土)
12:30 開場
13:00~14:30 上映

上映カンパ金 1800円

7/19(日)
12:30 開場
13:00~14:30 上映
14:40~15:30 トーク:ゲスト 山際永三監督

上映カンパ金 2300円

※トークショーに関しては若干時間が前後するかも知れません、また、実はこの作品の正確な上映時間が判っていません。その為、両日共にタイムテーブルはあくまでも予定となります。ご了承ください。

<会場>
新橋TCC試写室
住所:東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
7736470_3451424765_2

7736470_4288183636_2


<ご予約>
ご予約なしの当日来場も受け付けますが、満席の場合はご入場をお断りする場合があります。確実なご鑑賞の為にはご予約下さい。
ご予約は下記予約専用メールアドレスへメールにてお申し込み下さい。

予約専用メールアドレス:daiho@nipponeiga.com

なお、ご予約のキャンセルは可能ですが、その場合は事前にご一報頂きたくお願いいたします。

それでは皆様のご来場、お待ちしております。

(6/21追記)
予約フォームが出来上がりました。
http://www.nipponeiga.com/daiho/

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

2009/07/11

本日のランチ

本日のランチ
羽田空港のフードコートで、銀座梅林のひれかつライス。かりっとした仕上がりがんまい。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ