フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の10件の記事

2009/10/31

「こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

テアトル新宿で「こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を観てきました。

こまどり姉妹、というとナツメロの番組でおそろいのハデな振袖を着て濃いお化粧して歌っていて、さらにファンに刺されたりガンにかかったりと重い過去があったりして、ディープな歌手だという印象をずっと持っていたのですが、あるときお二人の歌う「ソーラン渡り鳥」にひきつけられ(とくにサビの部分)、それから気になる歌手になっていました。

本日は上映後にご本人たちもご挨拶されるということで、喜び勇んでテアトル新宿に行ったのでありました。そうしたらなんと立ち見!劇場で座布団を用意してくれたので、そちらに座って観賞しました。

映画のほうは、こまどり姉妹の出生から現在までをインタビュー、昔の映像、持ち歌などでたどってゆく内容でした。
お二人は北海道で生まれて→樺太に移住→終戦で引き揚げ→生活のために流し→上京→メジャーデビュー→紅白出場とまさに戦後の歴史を体現した人生を歩まれています。

紅白出場、人気上昇という栄光わ浴びた矢先に妹がファンに刺され、さらにガンにかかってしまい、姉は未婚の母となり(これは、相手の男性が理解のあった方でこのようになったとのこと)、他にもお金を管理してた人に持ち逃げされたり、キャバレーに出演してたから紅白に出(NHK固すぎ)前述の思い状況が続発します。

・・・しかし、インタビューに答えるお二人のお話は思ったより重くない。時にはユーモアも混じる。そんな辛い状況になっても(さらに、メジャーデビューするまでにもとてつもなく苦労されてるし)、過去をそういう風に話せ、見事に歌手として再出発したタフさをもった人たちなのです。

さらにさらに、あのお化粧も衣装も、歌謡ショーやるときはトークのネタにしてるのです!(涙か出てきてつけまつげが取れそう、とか言ったりしちゃう)ナツメロの番組では、そういうトークの場面はないですからなあ。
これでこまどり姉妹のイメージが一気に変わりました。重い過去を持つ歌手から愛すべき歌手に。(ちなみに、私服もニット帽かぶったりして結構ヤングだったりする)

また、映画の中に昭和48年の浅草の国際劇場の映像が出てきたり(「東京踊り」の看板もかかっていた)、昔のニュース映像が出てきたり、戦後の大衆娯楽の歴史もなぞれる映画であります!

終了後に、客席から拍手が沸きあがりましたが、まさにそれぐらいぐっと来るいい映画でした。

そしてこまどり姉妹が登場!前述のつけまつげネタも登場しました。・・・というか、最後列で見ていて気づいたのですが、あのメイクは宝塚のメイクと同じく遠目から見ても顔が分かるようにしているのではないでしょうか。遠くから見ているとぜんぜん違和感がなかったので。
さらに!!挨拶のあとに「ソーラン渡り鳥」を歌ってくれたので大変うれしゅうございました。
最後に「冥途の土産に(→まだ早いですよ~)来てくださったお客さんと記念撮影がしたい」とのことで、お二人が客席に降りてきて記念撮影タイムがありました。これはうれしい経験でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

せんとくん

せんとくん
品川駅のコンコースでせんとくんが奈良県の営業活動をしていた!握手もしてもらったぞ!
しかし、我らが東京ドロンパにしてもせんとくんにしても、着ぐるみになるとかわいくなりますなあ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

2009/10/17

「琉球舞踊特選会」@国立劇場

15日に、国立劇場で開催された「琉球舞踊特選会」を観にいってきた。7月に琉球舞踊が国の重要無形文化財に指定された記念の公演で、出演者はその際に指定を受けた師匠方でありました。

印象に残った演目をいくつか。

「高平良萬歳」(宮城能鳳)
まなざしや動きに敵討ちをしようとする鋭さを感じた。「万歳敵討」の物語のエッセンスを見事に凝縮した踊りだった。

「諸屯(しょどん)」(宮城幸子)
実は三線の優秀賞も教師試験もこの踊りで使う「しょどん節」で合格したので、この踊りには思い入れがあったりします。曲と踊りが見事に絡み合って、「いい踊りだなあ」という陶酔感を味わえた。僭越ながら、宮城さんのこの踊りへの思いと私の思いがマッチングしたからそうなったのかもしれない。

「花風」(佐藤太圭子)
思う相手をひそやかに見送る切なさがしみじみと伝わってきた。下出し述懐になったらさらにその切なさが胸に迫ってきてキュッときた。
それにしても沖縄の女性のウシンチーの着付けは美しいものだと改めて思った。

「加那ヨー天川」(谷田嘉子・金城美枝子)
今まで観た中で一番楽しい「加那ヨー天川」だった。じゃれたりすねたり、ラブリーで、ちょっとコミカルなやり取りが最高。

「鳩間節」(親泊久玄)
昔の芝居役者風の、ざっくりとした振り付けながら芯のある素晴らしい踊りだった。こういう雰囲気の「鳩間節」もいいなあ!

地方の先生方も人間国宝のお三方を始めとした顔ぶれで、三線弾きの端くれとしてはこちらも大いに堪能させていただきました。このようにいい舞台を観ると三線の練習をきちんとやろう!と励みになります。(ところで将来、国立劇場で、「琉球古典音楽」だけの公演もやってほしい。まだ古典音楽だけの公演ってやってないような気がするので。)
惜しむらくは、私の習っている野村流の地方の席が上手側で、上手よりの私の席からは舞台の横にある壁が邪魔して声があまり聴こえなかったことだぁ(泣)。

YouTubeの琉球新報のページで、国立劇場おきなわでの公演の様子をアップしてましたのでよろしければ。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

「明智小五郎読本」刊行!

明智小五郎の研究をされている住田忠久氏が、このたび長崎出版より「明智小五郎読本」を長崎出版より刊行されることになりました。
小説、映画、テレビから歌舞伎まで、さまざまな部分から明智小五郎を眺めた力作です。ミスター明智・天知茂様のことも取り上げていますのでシゲラーの方、要チェックです。

本の情報はアマゾンのコチラから。本の表紙画像はアップされていませんが、カッコイイです。

(10/5追記)
amazonのサイトに目次が載っていないので、掲載しました。

序/住田忠久 p.1-2
目次 p.3-6
明智小五郎相関図/平山雄一 p.8-7
明智小五郎調書/住田忠久 p.10-20
 (経歴/容貌/服装/特技/趣味/嗜好/癖/性格/住居/探偵方法/部下/警視庁、検察局の協力者/友人、知人/変装暦/語られざる事件)
コラム・明智小五郎のピストル/住田忠久 p.17
コラム・明智小五郎川柳/住田忠久 p.18
コラム・玩具、ゲームになった明智小五郎/住田忠久 p.19
明智小五郎ノート1 お洒落になった明智小五郎/住田忠久 p.21-23
明智小五郎ノート2 世界を巡る明智小五郎/住田忠久 p.24-26
明智小五郎ノート3 日本の話芸と明智小五郎/住田忠久 p.27-29
明智小五郎ノート4 お酒になった明智小五郎/住田忠久 p30-32
明智小五郎のライバル-乱歩の創造した探偵たち/住田忠久 p33-35
明智小五郎年代学とその周辺/平山雄一 p.36-142
 〈明智小五郎事件簿(p.123-129)、明智ミステリ年表(132-142)も収録〉
コラム・明智に対した犯罪者1/平山雄一 p.143
明智小五郎の更なる活躍/住田忠久 p.144-173
 A-準乱歩作品
 B-乱歩原作の改作物
 C-乱歩名義のクイズ作品
 D-乱歩全集(春陽堂版)月報掲載の犯人当て懸賞コント(クイズ)
 E-他作家によるパスティーシュ、パロディ作品
雑誌『少年』掲載の江戸川乱歩(名義)のクイズ小説(漫画)総解説/住田忠久 p174-204
漫画に登場した明智小五郎/住田忠久 p.205-223
 雑誌付録及び雑誌連載(掲載)漫画作品
 子どもむけ絵物語及び抄録
 こんな漫画もあったのだ!
 -明智の名を取り上げた巨匠たちの作品-
明智小五郎挿絵考/住田忠久 p.224-229
舞台の明智小五郎/住田忠久 p.230-279
コラム・舞台の明智(保篠龍緒の明智劇)/住田忠久 p.258
コラム・リーディングシアター『黒蜥蜴』/住田忠久 p.271
コラム・明智に対した犯罪者2/平山雄一 p.279
銀幕の明智小五郎/住田忠久 p.280-337
コラム・狙われる男No.1、宇佐美淳!/住田忠久 p.303
幻の松竹版『一寸法師』ストーリー/住田忠久 p.338-356
コラム・明智に対した犯罪者3/平山雄一 p.357
ブラウン管の明智小五郎/住田忠久 p.358-443
コラム・明智小五郎、ポーの身上調査に挑む/住田忠久 p.396
コラム・タモリ、志村けんの明智小五郎!/住田忠久 p.421
コラム・CMにも登場!明智小五郎と二十面相/住田忠久 p.425
コラム・テレビの明智はスポーツカーがお好き」?/住田忠久 p.431
コラム・幻のアニメ作品、テレビ劇画『パノラマ島奇談』/住田忠久 p.439
TVドラマ『江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎』覚書/住田忠久 p.444-480
TVドラマ『明智探偵事務所』の思い出/浜田知明 p.481-492
コラム・幻の未放送エピソード『明日香の月はウソつき』について/住田忠久 p.490
TVドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ』覚書/住田忠久 p.493-517
我らが明智小五郎! 天知茂物語/住田忠久 p.518-547
ラジオの明智小五郎/住田忠久 p.548-561
明智小五郎音源資料室/住田忠久 p.562-573
明智小五郎の謎/住田忠久 p.574-584
小林少年の謎/住田忠久 p.585-588
 (容貌/服装/特技/道具)
磔刑の調べ(書き下ろし小説)/柚木まい p.589-628
『鉄塔の怪人』で二十面相は、まだ死んでいる!?/浜田知明 p.629-631
コラム・二十面相のヘリコプター/住田忠久 p.630
シャーロック・ホームズと明智小五郎/実吉達郎 p.632-657
アルセーヌ・ルパンと明智小五郎-或いは保篠龍緒と江戸川乱歩/住田忠久 p.658-663
明智・小林少年・二十面相と当時の少年/実吉達郎 p.664-681
明智小五郎関連図書/住田忠久 p.682-687
『明智小五郎読本』製作録-あとがきにかえて/住田忠久 p.688-692

〈資料篇〉 巻末項より

明智小五郎読本目録/住田忠久編

 明智小五郎、少年探偵団登場作品目録(作品データ集成) p.4-46
 明智小五郎舞台目録(作品スタッフ、配役収録) p.47-99
 明智小五郎映画目録(作品スタッフ、配役収録) p.100-120
 明智小五郎ドラマ目録(作品スタッフ、配役、連ドラ放送データ収録) p.121-206
 明智小五郎アニメ目録(作品スタッフ、配役収録) p.207-220
 明智小五郎ラジオ目録(作品スタッフ、配役収録) p.221-229
 明智小五郎書籍目録 p.230-255
  (一般向け作品収録書/児童向け作品収録書/翻訳書)
 明智小五郎漫画・絵物語作品目録 p.256-281
  (単行本漫画作品/雑誌付録及び雑誌連載漫画作品/子供向け絵物語及び抄録作品)

明智先生といえば、国立劇場10月歌舞伎公演の乱歩歌舞伎第2弾、「京乱噂鉤爪」もお見逃しなく!ごひいきの梅玉丈も待望の悪役でいろいろ楽しみにされているようです。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

2009/10/13

歌舞伎座あと200日

歌舞伎座あと200日
仕事帰りに三原橋のシネパトスの近くにできた播磨屋ステーションで無料のおかきとドリンクを頂いてきた。
これから、仕事が終わった後の息抜きに活用できそう。播磨屋のせんべいは結構好きなのだ。

歌舞伎座あと200日
歌舞伎座のカウントダウン時計はちょうど200日前になっていた。早いなあ。。。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

2009/10/12

発掘!幻の大宝映画 第三弾!『波止場で悪魔が笑うとき』

シネマ△トライアングルの皆さんによる大宝映画上映企画第三弾のお知らせです。
泉京子って、新東宝末期に活躍した鳴門洋二の奥さんのようですね。

(以下、告知)
第一弾『黒と赤の花びら』、第二弾『黒い傷あとのブルース』と続けてきた「発掘!幻の大宝映画」シリーズもいよいよ今回が最終回。
上映作品は中川順夫監督作品『波止場で悪魔が笑うとき』。
今回はトークゲストは無く二日間とも上映のみとなりますが、発見された三本のフィルムの中ではある意味最もレアとも云える作品、例によってこれを逃したら次はいつ観られるか判りません、また、今回は会場に大宝配給全6作品のポスターを展示予定です、皆様是非足をお運び下さいませ。

-----------------------------------------------------------------------
発掘!幻の大宝映画 第三弾!

■映画配給会社 大宝とは?

 1961年、倒産した新東宝は三つの会社に分裂する。清算会社である新東宝本社、製作部門のニッポン・アートフィルム・カンパニー(NAC 後の国際放映)、そして配給会社として1961年の9月に設立されたのが大宝であった。
だがその活動も長くは続かず、年が明けた1962年の1月の頭には大宝は業務を停止してしまう。この僅か3ヶ月強の間に大宝によって配給された作品は次の5本。

『狂熱の果て』(佐川プロ製作 監督 山際永三 1961年11月1日公開)
『黒い傷あとのブルース』(佐川プロ製作 監督 小野田嘉幹 1961年11月22日公開)
『飼育』(パレスフィルムプロ製作 監督 大島渚 1961年11月22日公開)
『大吉ぼんのう鏡』(シナリオ文芸協会製作 監督 猪俣勝人 1962年1月3日公開)
『黒と赤の花びら』(佐川プロ製作 監督 柴田吉太郎 1962年1月14日公開)

 これに経緯は判らないが大宝の業務停止後に公開されたらしい『波止場で悪魔が笑うとき』(第一プロ製作 監督 中川順夫 公開日不明)を加えた計6本が大宝の配給作品の全てと思われる。
  この内、大島渚の『飼育』こそフィルムの現存がはっきりしており、DVD化もされているが、あとの5本については現在新東宝作品の管理をしている国際放映にもプリントはなく、また、5本の内3本を製作された故佐川滉プロデューサーも生前フィルムの所在を探しておられたが結局見つからなかったそうである。故にこれらの大宝配給作品は既に現存しない作品と永らく思われて来たのである。

※『波止場で悪魔が笑うとき』の監督について
当初『波止場で悪魔が笑うとき』の監督を中川信夫としていましたが、これはキネマ旬報記載のデータ(1962年3月下旬号掲載)及び今回見つかったフィルムを所持していた会社に対する問合せの返答に基づいたものでした。しかし、中川順夫監督説も拭い切れなかったため、クレジットタイトル部分の試写を行ったところ、そこに記されていた監督名は果たして「中川順夫」でありました。拠ってここに訂正させていただきます。

■3作品の16mmプリントをついに発見!!

 上記の如く既に失われたと思われていた大宝配給の5作品、だが今回、遂に3本の作品の16mmプリントの所在を突き止めました!
見つかったのは『黒い傷あとのブルース』『黒と赤の花びら』そして『波止場で悪魔が笑うとき』の3作品。
  既に権利関係すらあやふやになっているこれらの作品を一般劇場でかける事は難しいかもしれません。しかし、これら幻の作品たちをスクリーンに蘇らせる為、「発掘!幻の大宝映画」と銘打って、新橋TCC試写室でのシリーズ上映を企画しました。
7月の第一弾『黒と赤の花びら』、9月の第二弾『黒い傷あとのブルース』に続き、最終回・第三弾としてお贈りするのは中川順夫監督作品『波止場で悪魔が笑うとき』。
大宝配給6作品目に当たるこの作品は、大宝が存続していた1962年の1月までの間に公開された形跡のない謎の作品。しかし、冒頭にはちゃんと大宝マークが挿入されており、また、「大宝配給」と記されたポスターも存在している事から、大宝作品であることは間違いなく、大宝の業務停止時には既に完成していたものと推測されるものの、配給会社が消滅した後にどのような形で公開されたのか現時点では明らかになっていない、今回発見された三本の中では最も謎の多い作品。

当然ソフト化やCS放映なども望めないこの作品、この機会を逃すと今度はいつ観られるか判りません、是非、足を運んで幻の作品を堪能して下さい。

火を吐くルガー08の恐怖! 凄絶痛快アクション巨弾!
『波止場で悪魔が笑うとき』

1962年 第一プロ製作 大宝配給作品 シネスコ 16mm
製作:土肥静 監督:中川順夫 原案:広瀬利江 脚本:中沢信三/策明順 音楽:奥村一 撮影:宮西良太郎
出演:牧真史/泉京子/丘野美子/月田昌也/筑紫あけみ/鮎川浩/木村天龍/奈良優一/深見泰三/二本柳寛/コロムビア・トップ/コロムビア・ライト/チャーリー石黒と東京パンチョス 他

【あらすじ】
  数ヶ月ぶりに海から帰った健次を待って居たのは弟 信吉の死であった。真面目だったはずの弟がルガー08の弾丸を打ち込まれて殺されたというのだ。弟の死の真相を探るべく調査を開始した健次の前にやがて明らかになっていくのは麻薬組織の恐るべき陰謀であった....。

【解説】
 大宝配給作品『黒い傷あとのブルース』(小野田嘉幹監督)に主演した牧真史がここでも主役を務め、健次とその弟信吉の二役を演じている。相手役の踊子ルミを演じるのは小津安二郎監督『お早よう』への出演でも知られる松竹出身のヴァンプ系女優泉京子。
監督は『海底人8823』などのテレビ作品の他、主に独立プロで活躍し、児童映画からピンクまでもをこなす職人監督中川順夫。
  先にも記したがこの作品は永らく中川信夫監督作品ではないかと云う説もあった。その原因となったのがキネマ旬報1962年3月下旬号(No.307)に載ったこの作品の紹介記事である。ここには確かに監督が中川信夫と記されている。これが単なる誤植なのか記事の執筆者の間違いなのかは今となっては知る術もないが、この作品はまともに公開されたかどうかすら怪しい作品ゆえ、誰もその間違いを正すことなく、この記事が唯一ともいえる公的資料となってしまった事でその様な説が流布してしまったのであろう。なお、今回のフィルムの発見後、台本(準備稿)とポスターの現存を確認したが、当然その監督名は中川順夫と記されていた。
今回のフィルムの発見により、この間違いを正すことが出来たのは幸いである。

同時開催:大宝配給作品ポスター展
大宝配給作品全6作品のポスターを展示予定(協力:東舎利樹氏)

<上映スケジュール>
10/17(土)
15:00 開場
15:30~17:00 上映

10/18(日)
12:30 開場
13:00~14:30 上映

上映カンパ金 両日とも 1500円

※この作品の正確な上映時間が判っていません。
その為、両日共にタイムテーブルはあくまでも予定となります。ご了承ください。

<会場>
新橋TCC試写室
住所:東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
アクセス:http://www.kokuei-tcc.co.jp/access.html
<ご予約について>
ご予約なしの当日来場も受け付けますが、満席の場合はご入場をお断りする場合があります。確実なご鑑賞の為にはご予約下さい。
ご予約はこちらへの参加表明のほか、下記予約受付専用フォームをご利用いただければ管理の都合上助かりますが、私宛へのメッセージ、もしくは下記メールアドレスへのメールでも受け付けます。お名前・日にち・人数をお書き添えの上、お申し込み下さい。

予約受付専用フォーム:http://www.nipponeiga.com/daiho/
予約専用メールアドレス:daiho@nipponeiga.com

なお、ご予約のキャンセルは可能ですが、その場合は事前にご一報頂きたくお願いいたします。

それでは皆様のご来場、お待ちしております。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

2009/10/07

寿司を食す

寿司を食す
木挽町 すし栄にて。ここは、夜もお手軽にお寿司がいただけます。
おいしゅうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

2009/10/05

最近観た映画と芝居

ざっと最近観た映画と芝居の感想をば。

シネマート六本木での中川信夫レトロスペクティヴにて。
「思春の泉」(1953・新東宝)
終盤の、結婚式と時造・モヨ子の揉め事が同時進行していくシーンの人物の出入り、場面の移り変わりが鮮やかでワクワクした。宇津井健が当時の農村の健やかな青年って感じでイイ。左幸子、はじけててキュート。
東野英治郎が後年の水戸黄門のように揉め事を裁くのが面白い。

「『粘土のお面』より かあちゃん」(1961・新東宝)
北沢典子扮する木村先生と二木てるみ扮する正子が別れるシーンは、小学校のときに大好きだった先生が産休でお休みするときの寂しさを思い出して胸がきゅんとした。
終了後、二木てるみさんのトークショーあり。弟の稔役を演じた津沢彰秀さんと約50年ぶりの再会を果たすというサプライズもありました。

ラピュタ阿佐ヶ谷にて。
「トラン・ブーラン 月の光」(1954・新東宝)
先の大戦下のマレー半島を舞台に、日本兵(小笠原弘)と現地の娘さん(雪村いづみ)の切ない恋を描く。先日亡くなった松林宗恵氏が監督している。
雪村いづみはとにかくかわいい!!そして「トラン・ブーラン」はマレー近辺の歌らしく、なかなかいいメロディ。小笠原弘は、いいお兄さんという感じだ。それにしても、鐘のなっていた頃の新東宝は高島忠夫とか宇津井健とか小笠原弘とか明朗系キャラのほうが仕事来てますな。
いづみタンの兄が沼田曜一で、ちょっとキュートなキャラが気に入った。その婚約者が三原葉子。三原葉子、マレー語しゃべっても彼女のセリフの言い方になっていて味わい深い。
そして、われらの天知茂様も出演しているが、現地のゲリラ隊長でしかも部下が殿山泰司だ!!ビジュアルは黒塗りした「恐怖のカービン銃」の大津みたいで、セリフは全部マレー語・・・。→巻き舌の発音はうまかったと思うが。
あと、加東大介の佐々木一等兵のユーモラスなたたずまい、細川俊夫や三村恭二の士官は、「ああ、こういう人いたんだろうんなあ」というリアルさを感じました。

歌舞伎座の9月大歌舞伎
「浮世柄比翼稲妻」の「鈴が森」
梅玉丈の「鈴が森」白井権八を長年みたいと思っていたのだけど、夢がやっとかなった(泣)。
刀の扱いの丁寧さ、折り目正しさ(権八はお武家さんだから)、長兵衛への礼儀正しさなど結構な権八でありました。
権八が雲助を斬ってから、花道の七三に行って身構えたところで蜩の合方が入る場面、ゾクゾクしますな。立ち回り好きなので。

再びラピュタ阿佐ヶ谷にて。
「忍法忠臣蔵」(1965・東映京都)
丹波先生の役のたたずまいは、「亡八武士道」の明日死能のルーツみたいな感じを受けた。後半の着物の紋所の部分が雪月花の文字になっていたのがおしゃれである。丹波先生の立ち回りはワイルドでスカッとする。
あと、内蔵助と丹波先生の敵討ちに関するやり取りは、「元禄忠臣蔵」を思い出した。
お軽に化けたくノ一が、新東宝出身の扇町京子タンであったので何だかうれしい。そして堀部安兵衛がおやっさん(小林昭二)!

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

2009/10/02

東京タワー

東京タワー
五輪招致バージョンである。本物はもっときれいでした。

(10/5)
思えば、この東京タワーとシカゴが落選した瞬間はつかの間の幸せであった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

さて、どうなるんでしょうか。

さて、どうなるんでしょうか。

(10/5追記)
結局、リオになりましたな。
でも、東京には東京マラソンがあるからそれでいいじゃん!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ
にほんブログ村

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

今日の月

愛知万博の思ひ出。


  • 愛・地球博メモリアル
無料ブログはココログ